ゴミ屋敷にならないためにも不用品回収業者へ

ゴミ屋敷にならないためにも、いらなくなった粗大ゴミを不用品回収業者へ引き取ってもらいましょう。 - 不用品回収による不法投棄

不用品回収による不法投棄

新聞やテレビなどで、不用品回収業者による不法投棄のニュースを時折見かける事がありますよね。
こうした不法投棄のほとんどは、許可を得ていない違法な業者が行っています。
違法業者は正規の方法では収集が出来ないので、トラックで巡回したりチラシを家庭のポストに投函する事が多いようです。
そうした違法業者が不法投棄をした場合、不用品を排出した人も罰則の対象となってしまうので注意が必要です。
それに不法投棄は環境の汚染にもつながりますから、通りすがりの業者に安易に依頼をするのはやめましょう。
通常、家庭から排出される不用品を収集をするには市町村の許可を得る必要があります。
ですから、業者に依頼する際は、会社名と許可番号をしっかりと確認しておきましょう。
表示の無い業者は違法である可能性が高いので、避けた方が良いでしょう。
中には「許可車両」などと偽りのステッカーを貼る業者もいるので注意が必要です。
また、許可があっても不法投棄をする悪質業者もいますから、処分場の住所なども確認しておくと良いかもしれません。
不法投棄の多くは業者によるものですが、個人が行う事もあります。
たとえば回収日ではない日にゴミを出したり、決められた場所以外にゴミを捨てる行為は不法投棄に該当します。
これくらいなら大丈夫だろう・・と思いがちですが、違法行為ですから処罰される可能性はあるのです。
5年以下の懲役、又は1000万円以下の罰金と罰則がありますから、不用品の処分に困った時は許可のある信頼出来る業者に依頼しましょう。
安易に考えて、不法投棄にあたる行為をしてはいけませんよ。

関連する記事